お知らせ

2018
07/05

ウェアラブルデバイス字幕解説の貸出について

開場後14:00より能楽堂ロビーの特設ブースにて受付を開始いたします。
事前のお申込は必要ありません。
先着順、端末数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。

貸出料金 1台 1,000円

※解説ガイドは能「七人猩々」のみ。
字幕言語は日本語・英語よりお選び頂けます。
ウェアラブルデバイスは、裸眼の方を対象としており、眼鏡の上からはご使用になれません。裸眼、もしくはコンタクトレンズの着用をお願い致します。

このページの先頭へ

2018
06/23

出演者更新のお知らせ

「謎解き!体感ナビ 」の出演者、以下のとおり変更となります。

ナビゲーター:甲斐田裕子(声優)/金子直樹(能楽評論家)
スペシャルゲスト(写真):谷口賢志(俳優)
構成/脚本:内田裕士

このページの先頭へ

2018
05/07

第十四回 和の会主催 宝生流能楽公演「体感する能|七人猩々」

The Grand Finale
挑み続けて十年。ありがとうございました。

■AR字幕解説
(有料・先着順)
字幕言語:日本語/英語
※解説ガイドは能「七人猩々」のみとなります。

■謎解き!体感ナビ
第一部:狂言はこうして楽しむ
第二部:能はこうして楽しむ

■能装束着付け体験

■メインビジュアル原画一挙展示
HAGOROMO→SHICHININ SHOUJOU
「羽衣」から「七人猩々」まで

■和の会オリジナルどら焼き 販売

■アフタートーク
「和の会」ができるまで(詳細は下記)


【演目解説】
特別演出でお贈りする壮観の舞。華やかなフィナーレを一緒に楽しみましょう。
夢のお告げに導かれて市場で酒を売る高風(野口能弘)と、いくら呑んでも酔う様子がなく、自分を海に住む者だという不思議な客 猩々(宝生和英)。能「七人猩々」は、美しい月の夜に波間から現れた猩々が高風の酒を呑みつつ舞い遊ぶという楽しい曲です。通常、猩々役は一人で演じますが、本公演では総勢七人の猩々で舞うという特別演出によりお目にかけます。一方の狂言は、相撲取りを召し抱えたい大名(山本泰太郎)が、太郎冠者(山本則孝)が連れてきた蚊の精(若松隆)と相撲を取る羽目になるという意表を突いた設定の「蚊相撲」。どちらもより楽しく、いっそう華やかに。最終回にふさわしい渾身の舞台をご覧にいれます。

【公演日時】
2018年7月28日(土)15:00開演/14:00開場 17:15終演予定

【会場】
宝生能楽堂 〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-9
(JR水道橋駅東口徒歩3分・地下鉄都営三田線水道橋駅A1出口徒歩1分

【プログラム/出演者】
狂言「蚊相撲」
山本泰太郎/山本則孝/若松隆

謎解き!体感ナビ(狂言と能の上演前にそれぞれございます)
甲斐田裕子(声優)/金子直樹(能楽評論家)
構成/脚本:内田裕士

能「七人猩々」
宝生和英/高橋憲正/東川尚史/佐野玄宜/當山淳司/金森良充/川瀬隆士/野口能弘
笛:栗林祐輔 小鼓:飯冨孔明 大鼓:佃良太郎 太鼓:小寺真佐人
地謡:武田孝史/亀井雄二/内藤飛能/佐野弘宜/金野泰大/金森隆晋/田崎甫/木谷哲也
後見:薮克徳/今井基

【スタッフ】
アートディレクション・デザイン:中村慎一
公演ビジュアル作成(切り絵):福井利佐
原稿作成:大崎祐子
協力:細川欣輝
企画・製作:和の会

終演後、トークセッションを開催いたします。
【アフタートーク:「和の会」ができるまで】
「和の会」制作スタッフにスポットを当てた特別企画です。イベント制作・セカンドワークに興味のある方も、ぜひご参加ください。さらにイベントの最後にはサプライズも。
出演 福井利佐(切り絵アーティスト/「和の会」メインビジュアル作成)/内田裕士(「謎解き!体感ナビ」構成・脚本)/宝生和英(能楽師)

【チケット発売中】
価格: S席6,500円/A席6,000円/B席5,500円/C席5,000円/学生券4,000円(全指定席)
購入方法:WEBチケット予約サイト http://www.confetti-web.com/(カンフェティ)

【お問合せ】
03-3811-4843(宝生能楽堂事務局)
mail@hosho-wanokai.com

このページの先頭へ

2017
07/29

当日券販売のお知らせ

本日7月29日(土)16:00開演「体感する能|黒塚 」では当日券を販売いたします。こちらの鑑賞券で、13:30開演「能楽カフェ」もご覧になれます。ぜひお早めにお越しになってごゆっくりとお楽しみください。
皆様のご来場を出演者・スタッフ一同、心よりお待ちしております。

このページの先頭へ

2017
07/11

ウェアラブルデバイス字幕解説の貸出について

能楽カフェの終演10分後より能楽堂ロビーの特設ブースにて受付を開始いたします。(能楽カフェの終演は15:00予定です)
事前のお申込は必要ありません。
先着順、端末数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。

※解説ガイドは能「黒塚」のみ。
字幕言語は日本語・英語よりお選びになれます。
ウェアラブルデバイスは、裸眼の方を対象としており、眼鏡の上からはご使用になれません。裸眼、もしくはコンタクトレンズの着用をお願い致します。

このページの先頭へ

2017
05/22

6/28(水)「能アートギャラリー 〜THE MUROMACHI BEAUTY〜」開催のお知らせ

650年受け継がれる日本の美を体感してみませんか?

現役の能楽師を講師として、前半は能の概説、能面と能衣装の着付体験を行い、後半は舞や謡の迫力を間近で感じる、まさしく「能を体感する」企画です。

能面、衣装、身体表現、声といった、室町時代から続く美の真髄にあらゆる角度から迫る、新しいギャラリー体験。今や世界を魅了する、能の美しさをぜひ間近でご堪能ください。

「体感する能|黒塚」鑑賞券の特別販売もございます。


【開催概要】
日時:6月28日(水) 19:30~20:40(19:15開場)
会場:日動コンテンポラリーアート
東京都中央区八丁堀4-3-3 地下 *1階はセブンイレブン
最寄駅:八丁堀駅A3出口、宝町駅A1出口、京橋駅出口1
http://www.nca-g.com/about/
定員:30名
参加費:¥3,000(当日会場払)

【申込方法】
下記Formよりお申込み下さい
https://goo.gl/m2A6oV

※上記Formから申込できない場合、下記要領にてメールでお申込下さい
宛先: mail@hosho-wanokai.com
件名: 6/28能アートギャラリー申込
内容: 代表者氏名、人数、携帯電話番号(当日緊急連絡用)

【当日進行】
19:30-20:10 《前半》能のガイダンス、能面・能衣装の着付体験
※ご参加者の中からその場でモデルを1名募集します!
20:20-20:40 《後半》能の型(動作)や謡(声)などを全員で体験

【備考】
※写真撮影は可です。
※会場内は飲食禁止、禁煙です。
※未就学児のご参加はご遠慮いただいております旨ご了承ください。

講師:髙橋憲正 / シテ方宝生流能楽師
1976年、金沢市出身。1980年、実父髙橋右任に師事。5歳で初舞台を踏む。1998年、東京藝術大学邦楽科楽宝生流専攻卒業後、宝生英雄十八世宝生流宗家の内弟子となる。2007年、宝生英照十九世宗家の許しを得て独立。現在は、東京や地元金沢での公演出演のほか、小学生から大人まで幅広い年代層に指導を行うなど能楽の普及に努める。
公益社団法人能楽協会東京支部会員。公益社団法人宝生会会員。公益社団法人金沢能楽会会員。
http://norimaki.webnode.jp/

Facebook イベントページ
https://www.facebook.com/events/2419727418166258/

このページの先頭へ

2017
04/09

能楽カフェ NOHGAKU CAFE
悩める女子の心に能を~立ち止まる空間~
私たちの心のありようを能と一緒に考えるプレ・トーク番組

能楽に登場する女性陣は、みなどこか憂鬱げ。
元気に笑っている人はあまり見当たりません。
怒り、自己嫌悪、マイナス思考、時に現れるそんな自分に苦しみ、後悔してしまう…。
現代社会では表に出しづらい、そういった複雑な女性の感情の数々に、能楽は数百年の間まっすぐ向き合ってきました。
能楽にかかれば、ねたみうらみそねみも前面に!
特に恋愛面での感情の描き方には誰もが深く感心することでしょう。
様々な運命や人に翻弄された女性たちは、今も能舞台の上で繰り返し嘆き、泣き、悩みながら生きているのです。

一人では抱えきれない心の悩み。
実はそれは時間を超えた普遍的な悩みであると知って、少しでも楽になってほしい。
能楽を観て体感し、登場する女性たちと向き合い、一人一人が自分の心を新しく考えてほしい。そういう願いからこの企画が生まれました。

カフェで一息つくように、能楽で、ちょっと一息ついてみませんか?

【公演日時】
2017年7月29日(土)13:30開演/13:00開場 ※上演時間 約1時間半

【会場】
宝生能楽堂 〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-9
(JR水道橋駅東口徒歩3分・地下鉄都営三田線水道橋駅A1出口徒歩1分)

【プログラム/出演者】
能楽の中の私たち
能・狂言の演目から、おススメの物語をピックアップ。能楽のワンシーンを朗読仕立てでお楽しみいただきます。ゲストのトークとともに今の人生を彩るヒントを探しましょう。

能装束ファッションショー
能楽の魅力のひとつ、美しい能装束の魅力をご紹介。間近でご覧いただけます。

WEB連動企画 能楽カウンセリング
働く女性ならではの「お悩み」を募集し、悩める心に「効く」能楽の演目、登場人物の心を紹介します。
☆メール・Twitterでみなさんのお悩みを教えてください!
以下の内容を明記の上、和の会メールmail@hosho-wanokai.com
またはTwitter @wanokai までお気軽にお送りください。
・ハンドルネーム ・年齢 ・テーマ「最近悩んでいる事」

出演:甲斐田裕子(声優)/小林紀子(フリーキャスター)/金子直樹(能楽評論家)
/宝生和英(能楽師)構成/脚本:内田裕士

【スタッフ】
協力:細川欣輝 企画/製作:和の会

【チケット】
「体感する能|黒塚」の鑑賞券でお楽しみいただけます。
※同じお座席での鑑賞となります。

【お問合せ】
mail@hosho-wanokai.com

このページの先頭へ

2017
04/09

第十三回 和の会主催 宝生流能楽公演「体感する能|黒塚」


―能楽がもっと身近に、もっと分かりやすくなる! 5 つの体感イベントを実施―

●メガネのようにかけて、読める。新しい字幕解説を体験。
AR(拡張現実)の世界が体験できるソニー製透過式メガネ型ウェアラブル端末「SmartEyeglass SED-E1」を使用した、最先端の鑑賞体験をお楽しみいただけます。
字幕言語:日本語/英語
助成:公益信託稲生雅治惠子能楽振興基金
協力: 大日本印刷株式会社
※解説ガイドは能「黒塚」のみとなります。
※端末数に限りがございます。(先着順)

●鑑賞前に、物語に隠された意味や観方のコツがよくわかる。
謎解き!体感ナビ

●能楽師の感覚を体験する。記念撮影のサービスも。
能装束着付け体験

●注目の作家 福井利佐による驚愕の切り絵。
メインビジュアル原画展示

●休憩のお供に。心和ませる上品な味わいです。
和の会オリジナルどら焼き 販売 ※数量限定

【演目紹介】
能「黒塚」
「決して寝室を覗かないでください」。安達ケ原のあばら家に一夜の宿を求めた山伏(村瀬堤/矢野昌平)一行がその言いつけを破った時、襲い掛かる恐怖とは?禁忌を破るというサスペンス、好奇心と葛藤する能力(山本則秀)の滑稽さ、そしてあばら家の女(宝生和英)の絶望と哀しみ。起伏に富んだ展開で見どころの多い人気演目です。

狂言「鎌腹」
仕事に行かないことを責められ、鎌を手にした妻(山本則孝)に追い掛け回される太郎(山本則秀)。仲裁人(山本凛太郎)が入り、夫はこんな侮辱には耐えられない、と自ら鎌で切腹しようとするが、実はそんな度胸はなくて…。

【公演日時】
2017年7月29日(土)16:00開演/15:00開場 ※上演時間 約2時間半

【会場】
宝生能楽堂 〒113-0033 東京都文京区本郷1-5-9
(JR水道橋駅東口徒歩3分・地下鉄都営三田線水道橋駅A1出口徒歩1分)

【プログラム/出演者】
狂言「鎌腹」
山本則孝/山本則秀/山本凛太郎

謎解き!体感ナビ
甲斐田裕子(声優)/小林紀子(フリーキャスター)/金子直樹(能楽評論家)
構成/脚本:内田裕士

能「黒塚」白頭
宝生和英/村瀬提/山本則秀/矢野昌平
笛:小野寺竜一/小鼓:住駒充彦/大鼓:大倉慶乃助/太鼓:金春國直
地謡:武田孝史/佐野登/水上優/佐野弘宜/川瀬隆士/今井基/朝倉大輔/上野能寛
後見:亀井雄二/田崎甫

【スタッフ】
アートディレクション&デザイン:中村慎一
カバーアート:福井利佐
コピーライト:大崎祐子
ヘアメイク:中原康博
協力:細川欣輝
企画/製作:和の会

【チケット】
発売開始:2017年4月12日(水)10:00
価格: S席6,500円/A席6,000円/B席5,500円/C席5,000円/学生券4,000円(全指定席)
購入方法:WEBチケット予約サイト http://www.confetti-web.com/(カンフェティ)

【お問合せ】
03-3811-4843(宝生能楽堂事務局) mail@hosho-wanokai.com

このページの先頭へ

2017
04/09

線で魅せるきり絵「福井利佐 作品展」

「体感する能」の第1回からメインビジュアルを作り続けています、切り絵作家・福井利佐の作品展のお知らせです。「体感する能」を含め、これまで手がけてきた作品の数々をお楽しみいただけます。緑に囲まれた美術館は雰囲気も抜群です。ぜひお運びください。

2017年6月25日(日)まで開催中
線で魅せるきり絵「福井利佐 作品展」
富士川・切り絵の森美術館(山梨県・富士川クラフトパーク)

アクセスなど詳細はこちらをご覧ください。
http://www.kirienomori.jp/modules/art_museum/

このページの先頭へ

2016
06/12

ウェアラブルデバイス字幕解説(無料体験モニター限定)

「体感する能|土蜘」 × ソニー透過式メガネ型ウェアラブル端末「SmartEyeglass」
話題のAR 技術を活用した、最先端の鑑賞体験。ウェアラブルデバイスをメガネのようにかけて
舞台を観ると、目の前に繰り広げられている場面の解説がリアルタイムで表示。
能「土蜘」において、ソニー株式会社と大日本印刷株式会社の協力のもと
新たな能楽鑑賞のスタイルをご提供いたします。
無料体験モニター※を和の会ホームページ(www.hosho-wanokai.com)で募集いたします。

また体験モニター以外の方でも、能楽堂ロビーに設置した無料体験ブースでお試し頂けます。
助成:公益信託 稲生雅治 / 惠子能楽振興基金
協力:ソニー株式会社 / 大日本印刷株式会社
※無料体験モニターは募集人数に限りがございますので予めご了承ください。

このページの先頭へ

公式ツイッター