公演情報

体感する能 KOKAJI

伝統の世界に生きる若者たちが
いま、新しい舞台を創り出す。

演者の一挙手一投足にみなぎる緊張感。その凛とした佇まい。 呼吸ひとつ、瞬きひとつで会場全体の空気がゆらぐ。 それは、一期一会を旨とする能の世界でしか味わえない感覚です。 その空気を、全身で「体感」してほしい。 宝生流二十世宗家 宝生和英、23歳。 まだ年若い彼が伝統の世界を背負い、演じる。 その姿を通して能本来の面白さに触れていただけたら、 そんな想いから「和の会」は誕生しました。 記念すべき第一回公演では、 能楽初心者の方でもわかりやすい「羽衣」などの作品を上演。 新進気鋭の能楽師たちも続々登場します。 伝統に生きる若者たちが創りだす新しい舞台。 その誕生の瞬間を是非体感してください。

公演情報

日時2009年4月24日(金) 19:00開演
場所宝生能楽堂 東京都文京区本郷1-5-9 地図はこちら
入場料金(税込)指定席 5,500円  自由席(一般)4,500円  自由席(学生)4,000円

番組表

連吟
「鶴亀」(つるかめ)
高橋 憲正
舞囃子
「高砂」 (たかさご)
シテ(住吉明神):和久 荘太郎
狂言
「鬼瓦」 (おにがわら)
シテ(大名):大藏 教義
アド(太郎冠者):大藏 吉次郎
仕舞
「駒之段」・「鵜之段」
(こまのだん・うのだん)
亀井 雄二
東川 尚史

「羽衣 盤渉」
(はごろも ばんしき)
シテ(天女):宝生 和英
ワキ(白龍):大日方 寛
笛:小野寺 竜一
小鼓:住駒 充彦
大鼓:柿原 弘和
太鼓:小寺 真佐人

あらすじ

舞台は三保の松原。ある春の朝、仲間と釣りに出かけた漁師の白龍(はくりょう)は、松の枝に掛かった衣を見つけます。あまりの美しさに、衣を持ち帰ろうとする白龍。しかしそこにひとりの天女が現れます。その羽衣を返してほしい、それが無いと天に帰れないと嘆く天女に、はじめは聞き入れようとしなかった白龍も、天女の舞を見せてもらう代わりに羽衣を返すことを約束します。羽衣をまとい、天女が舞い始めたのは、天人たちが住む月宮殿の様、そして春の松原のすばらしい景色。白い砂、緑の松、紺碧の海、彼方に望む富士の山…やがて天女は富士山へと舞い上がり、霞にまぎれて消えてゆくのでした。

パンフレット・チラシ

チラシ
チラシ(クリックすると拡大表示できます)

チラシ
チラシ(クリックすると拡大表示できます)

フォトギャラリー

写真をクリックすると大きな写真を見る事が出来ます。

注意事項
  • 入場料はすべて税込料金となっております。
  • 上演中、見所内での録音、録画、撮影は、著作権・肖像権の侵害にあたる場合がありますので、固くお断り申し上げます。
  • 都合により公演の一部(出演者、曲目など)を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • 一度お求めいただいたチケットの変更、キャンセルはできません。

このページの先頭へ